帰ってきました

山陰旅行終了。
出雲大社、松江城、境港、水木しげるロード、三朝温泉、鳥取砂丘などなど。

今回はデジカメ持って行かなかったのですが失敗でした。やはり旅にカメラは相性が良い。iPhoneだけでは心もとない。

あと、インスタグラムが思いの外私に合わないことが分かった!うーん、使いドコロを考えないとな。

ではダラダラとした日常へ戻るのです。日常があるから非日常の旅が楽しめるのです。

カテゴリー: 旅行 | コメントする

山陰地方へ旅行に行ってきます

タイトルの通りです。出雲からレンタカーで東へ向かって鳥取まで、四泊五日かけて行ってきます。

Twitterの更新頻度が上がると予想されます。飯テロなどにはご注意を。

カテゴリー: 旅行 | コメントする

「群馬ニートテクノ」に記載されたメールアドレスについて

先日はM3お疲れさまでした。当方が頒布した「群馬ニートテクノ」は、右メニューにリンクのあるあきばお~こく様、さんげっと様にて委託販売をお願いしております。興味の持たれた方は是非。

さて、その群馬ニートテクノのジャケ裏には私への連絡先となるメールアドレスが記されているのですが、

densetu(あっとまーく)llw.jp
群馬ニートテクノメルアド

と記載されています。このメールアドレス宛にメールをしても届きます。問題ありません
が、伝説宛の正しい(普段使っている)メールアドレスは

densetsu(あっとまーく)llw.jp

です。tuではなくtsuです。

・・・こんな初歩的なぽかをするなんて!俺のバカバカバカ!!
印刷関係に手を出している方々には釈迦に説法ですが、今後ジャケットをデザインする皆様方はどんなに切羽詰っていても完成したら、一度適当な紙にプリントアウトして音読チェックすることを強くおすすめします。

 

カテゴリー: 雑記, 音楽 | コメントする

M3出展準備が整いました

本日、M3にて新規配布するCDが無事届きました。IMG_0490

改めて情報を整理しておきます。

M3-2016春 東京流通センター
開催日:4/24(日)
サークル名:伝説
スペース:第一展示場 D-07a
新譜:「群馬ニートテクノ
旧譜:「before 2014」「艦これ Legendary REMIX」
価格:上記3つ全て1枚500円

試聴あります。メニューバーの「MUSIC」からどうぞ。

ご質問はメールまたはTwitter(@Densetsu_LLW)へ。

「群馬ニートテクノ」は、今まで発表した曲とは少し毛色の違う、ライブでやってきたような曲よりの内容だと自分では思っております。もし最初から群馬ニートテクノを買うことが決まっているという奇特な方がいましたら、500円玉を用意して頂けると大変助かります。もちろんお釣りの準備はしてあるのですが何分どれほど売れるか予測がつかないので…。

それでは皆様のお越しをお待ちしております。

カテゴリー: 音楽 | コメントする

M3のサンプル曲をアップしました

ハローハロー皆様ごきげんよう。

MUSICページにM3で配布予定の新譜「群馬ニートテクノ」のサンプルをアップしました。お暇ならば聴いてみてもいいんじゃないかな?

群馬ニートテクノジャケ

凄まじく手抜き感漂うジャケですが(今回も)ギリギリでした。M3まであと一週間ですが当然まだプレスされたCDは届いていません。今週中に間に合う予定。予定は未定。
内容はタイトルでは大きくテクノと括っていますがエレクトロ、ミニマル的な雰囲気が多いと自分では思っています。

人事を尽くして天命を待つ。そもそも尽くしていないという所ですが、興味を持った方は是非M3にお越しくださって手に取って頂ければと思います。

「東京遠いよ!」「M3行けないよ!」という方たちのために、今回もM3後に同人ショップで委託販売もする予定です。それまではしばしお待ちを。

カテゴリー: 音楽 | コメントする

M3に向けて追い込み中

M3に向けて絶賛追い込み中の伝説ですこんにちは。

今週末までに入稿できないと通常発注ではアウトっぽい雰囲気が漂っているのでがんばります。誰かにジャケットは頼むんだったなぁ・・・。

同人音楽をやっている方には釈迦に説法かと思いますが、同人音楽の入稿はケースの種類(ジュエル、マキシ、紙ケース等)、ジャケットデザイン、ジャケ裏及び背表紙のデザイン、トレイ中のデザイン、帯デザイン、そしてCD本体のデザイン、それに加えて肝心のCD本体のマスターとサブマスターを送るのが一般的かと思います。
ジャケットは女の子を描いたほうが売れます。これは真理です。ジャンルとかオリジナルとか関係ありません。拘りが無い限り、可愛い女の子を活用しましょう。

そして今回発表予定の「群馬ニートテクノ」のジャケットは超・手抜きとなります。女の子は出てきません。むしろ文字データだけかもしれません。
お値段は今までとおなじ、懐に優しいワンコイン、500円を予定しています。儲け?そんなもんねぇよ。

というわけで来たる4月24日(日)、同人音楽に興味のある方はぜひM3までお越しくださいませませ。

カテゴリー: 雑記, 音楽 | コメントする

M3 2016年春 にサークル参加します

さてはて、春の足音が聞こえてきそうな今日このごろ皆様いかがお過ごしでしょうか。

ツイートで以前すでに発表したのですが、今年春にまた開催される、音系・メディアミックス同人即売会M3にサークル参加します。

4月24日(日)、東京流通センターにて

サークル名:伝説
第一展示場 D-07a

となります。今回はオリジナル曲のアルバムの新譜を出す予定です。予定は未定です。その名も群馬ニートテクノ。群馬のニートがテクノをこじらせたらこうなった、というのを出していきたい所存です。旧譜2種(オリジナル曲アルバムと艦これリミックスアルバム)も在庫を減らしたいので・・・じゃなくて一人でも多くの方に手にとっていただきたいので販売します。興味のある方は是非ともコンタクトを取ってください。

さて、肝心の新譜の曲を作曲しないとな・・・

M3についての詳細は公式サイトへ
http://www.m3net.jp/

それでは皆様、ごきげんよう。

カテゴリー: 音楽 | コメントする

DTM:Waves製品のインストールについてメモ

DTMerの強い味方、様々なエフェクトのプラグインを扱っていることで有名なWaves。
先日、Amazonから中堅所のエフェクト集である「Waves Gold」を購入しました。音楽ソフト特有の大仰な箱が届いたのですが中身はCD-ROMさえ無く、シリアルナンバーが記された紙と、「ここで説明書落とせよ」というURLの書かれた紙の2枚のみ。そしてそのURLにアクセスしてみると404エラーという投げっぱなしぶり。

ということで、個人的メモも兼ねてWaves製品のインストール方法について記してみます。

まずWaves公式サイトはこちら。
http://www.waves.com/

最初に、Waves製品のアカウントとアクティベーションを管理する「Waves Central」をダウンロード、インストール。
http://www.waves.com/downloads/central

次に、右上からWavesアカウントの作成。もうアカウントを持っている人はログイン。

waves_01

 

My Account のページから「REGISTER NEW PRODUCTS」へ。

waves_02

 

Enter Serial Number と出るので、お手持ちのシリアルナンバーを入力、Submit。

waves_03

 

以上でWavesのサイトでの作業は終了。最初にインストールしたWaves Centralを立ち上げて、「EASY INSTALL & ACTIVATE」を選択。ここでもWaves公式サイトと同じアカウントのログインを求められます。

waves_04

 

あとはPCが勝手にやってくれます。アクティベート先を変えたい人はMANAGE LICENSESでUSBメモリ等に変更できます。

 

DTM関連ソフトは世界中で作られていますがそれ故に日本語対応が遅れている分野であることも事実。少しは誰かの助けになれば良いのですが。

カテゴリー: 音楽 | コメントする

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

今年はもう少し更新頻度を上げていけたらな、と思う所存です。
さしあたっては春M3の当落選結果のご報告になるでしょうか。Twitterで済んでしまうのが痛し痒し。

MUSICのページをもう少し充実できたらなとも思っております。

それでは、今年もよろしくお願いします。

カテゴリー: 雑記 | コメントする

年の瀬の更新

皆様、ブログではお久しぶりでございます。伝説です。

只今私はドラクエ10とMHXとシュタインズゲート0とGRAVITY DAZEを楽しんでおりゲーム脳真っ盛りでございます。
まだ半月ほど残っていますが今年を振り返ってみると大きな進歩がないものの少し前に進んだりもした1年だったなぁと感じています。

反省点としてはライブが全然できなかった。自ら動かないと始まりません。クリスマスが迫る今、自ら動かないときっと君は来ないひとりきりのクリスマスイヴで上等だよやるゲーム多すぎるよ。

飼猫が2歳半を過ぎました。君が来なくても猫は可愛いです。天使です。でもキーボードに乗るのは止めて。

ではさしあたっての次の目標。2016春M3。ネタがある時降ってきたので大雑把な概要は考えてあります。あとは作曲が追いつくかどうか。

これからの伝説をお楽しみ下さい。

カテゴリー: 雑記 | コメントする