春の陽気に気をつける

暑さ寒さも彼岸まで、などと言うが春分の日を間近に迎えて気候は穏やかに暖かくなりつつあります。もう夜にゲームしててもファンヒーター要らないぐたい。

そして、春が近づくにつれ人間の心情というものは変化するものです。大小の差はあれ、誰でも季節による心の変化は持っていると思います。

春を迎えるにあたって、基本的にやる気と焦燥感が湧いてきます。「何かやらなくちゃ」「何かがしたい」。

社会的にも春は年度の境目であり、日々の仕事を過ごす人の変化、新入社員や新入生による変化などやる気を刺激する要素がたくさんあります。

そして、具体的にしたい事がなかったり、あってもスキルや知識の不足で手が届かなかったりするのがほとんどなのですが、それでも季節という目に見えない手が背中をぐいぐいと押してきます。

健常者は新しい何かに挑戦するというのは大変結構なのですが・・・心、精神に問題を抱えている人は気をつけて下さい。あなたが挑戦したいそれは、本当の感情でしょうか。また、ソレを始めたとして、春が終わってからもきちんと続けることができるでしょうか

私は過去、これでなんども失敗しました。3月も半ばを過ぎると、春からの即戦力社員募集がピークに達します。私は何度も色々な会社の社員やアルバイトや準社員などに合格し、何度も自分の過失で辞めて来ました。始めたばかりのころはやる気に満ち溢れ、人生にも春がきたかといったところでしたが、

夏を迎える頃にはまた絶望の底にたたずむことになります。出社したくない、規則正しい生活ができない、食欲がなくなる、幻聴が増える、気持ち悪い、etc…

ただし、これは私の経験則です。軽い症状の人ならば春の後押しを切欠に新しい一歩を歩き出すのは良いことなのかもしれません。
あとは、必ず主治医に相談したほうがいいと思います。自分が今どれほどの症状なのか。軽傷なのか重症なのか。

 

それにしても何かしたくてウズウズ。今年は、仕事では無いなにかで攻めて見たい。例えソレが夏に後悔にかわるとしても、軟禁に近い今の生活なんて。


カテゴリー: うつ, 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。